ホーム>リフォーム施工事例レポート>築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム
リフォーム施工事例レポート

築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム

Before

築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム
  • 築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム
  • 築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム
  • 築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム
  • 築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム

After

築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム
  • 築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム
  • 築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム
  • 築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム
  • 築40年の住宅でお住まいながら1階部分のリフォーム

今回のお客様は、、、、

仙台から30分ぐらい、新興住宅街として近年人気であるR町の中でも、

昔からある古い地域に居をお構えで、おじいちゃんの代からの築40年のお宅にお住まいのお客様です。

近隣が発達して、住むのにはどんどん便利にはなりましたが、

何分、地域的には古い住宅街のため、道路が狭かったり、高低差があったりで、

建て替えするにも、新しい崖の基準などもあり、困難ということで、

これから、自分の世代を快適に過ごすため、

ある程度、大掛かりなリフォームをご計画のお客様です。

 

今回のリフォームのポイントはgood

・お住まいながらの1階の全面リフォーム、しばらくは居は2階で

・水回りの一新

・いつも過ごす時間が長いリビングを快適に

・負の遺産、鉄骨バルコニーなどの処分で心配事をなくす

などでしょうか。

 

リフォーム総額 450万円の中規模のリフォーム工事になりましたが、

新築そっくりさんのように全部やると、倍はかかりますし、

住まいながらも出来ない工事となると、お客様の負担も大きくなりますので、

これぐらいの規模で、住まいながら、古くても使える部分は手を付けない、

水回り、長時間使う台所、茶の間の工事をすると選べば、

工事規模を押さえつつ、優先順位の高い部署からリフォーム可能です。

 

工事の概要

・お住まいながらの1階の全面リフォーム、しばらくは居は2階で

 

住宅リフォームというのがある程度、一般的になると、みなさん、普通に、201811151584.JPG

リフォームを依頼するようになりましたが、

全面リフォームとなると、住まいながらリフォームできるのか?

をあまり考えていない方が多いです。

逆に、そもそも、仮住まいしないとリフォームは出来ないとお思いになって、

そこでリフォームを躊躇される方も多いかもしれません。

リフォームにはピンキリで、例えば、

工事期間が1週間未満のキッチンの交換のみで仮住まいを探す方はいないと思います。

ユニットバスの交換も1週間、お風呂は使えませんが、

そこだけスーパー銭湯や親せきのお風呂を借りれば、

これも、仮住まいするほどのことでもないです。

じゃあ、キッチンとユニットバス、ついでにリビングの工事、、、、

っとなると、

どこまでの工事で、何週間の工事で仮住まいが必要かは、お客様の感覚と、2018111515949.JPG

忍耐力?(笑)によるかと思います。

今回のように、全面リフォームでも、2階は手を付けない、

水回りが各々、1週間づつ使えないだけだと、仮住まいをすることも無く、

進めることも可能です。

ただ、いっぺんに、全部壊してとは行かないので、手間がかかりますので、

工事期間は、2か月ぐらいはかかるかもしれません。

 

 

 

・水回りの一新

 

築40年ぐらいのお宅ですと、やはり、どうしても当時の施工では、水回りはぜい弱化と思います。

タイル張りの浴室、瞬間湯沸かし器のキッチン、

湿気で床がベコベコする洗面脱衣室、昔ながらの化粧ボードの内装、、、

これらは、最新の水回り機器、

床もフローリングの上張りをしながらの補強、

メンテナンスしやすい内装クロス張り、

などをすれば、湿気で痛んできた下地も一新しますので、

建物本体の耐用年数を伸ばすことも可能です。

南面の和室などは、そうそう痛むことも無いのですが、やはり水回りから家は傷み始めますので。

新しいキッチンに、瞬間湯沸かし器は目障りですので、

給湯器などの給湯経路を一新したり、熱源自体もエコキュートなどを導入すれば、

電気の契約なども見直せますし、

40年前から、電化生活も、随分変わったので、契約アンペア数なども見直すことが出来るかと思います。

 

20181115151120.JPG 20181115151224.JPG
昔ながらのタイルの浴槽 白を基調に清潔感のあるユニットバス
20181115152211.JPG 20181115124943.JPG
古い洗面所、洗濯機置き場 洗面所の間仕切り撤去、窓も交換してます

 

・いつも過ごす時間が長いリビングを快適に

 

今回は、全面リフォームと言うことで、水回りだけでなく、20181115151533.JPG

リビングの改修工事も行いました。

全面リフォームと言っても、家全部ですと、それなりの施工面積にもなり、費用も掛かりますが、

一部屋づつ、茶の間は?とか考えれば、一部屋でどのくらいかかるのかも検討しながら、

施工するかしないか、判断することも可能です。

昔ながらの畳の純和風の茶の間は、

8畳程度ですと、全面的に、床のフローリング、壁、天井のクロス張り、20181115151710.JPG

大きな掃き出しテラス窓の交換まで行えば、

明るい仕上げの清潔感もあり、断熱性能にも優れた、リビングを作ることが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

・負の遺産、鉄骨バルコニーなどの処分で心配事をなくす

 

あとは、ついでに、と言うことで、ずっと気になっていた住宅の不具合などを直せばいいと思います。

よくあるのが、

サビたバルコニーの撤去、腐った裏の納屋、

庭周りにコンクリート土間打ちなどもよいかと思います。

 

工事費の内訳

 

大工工事 茶の間、台所、廊下造作工事、水回り造作工事 2,100,000円
ユニットバス パナソニック:FZ1216サイズ、 800,000円
キッチン交換 パナソニック:Vシリーズ 500,000円
その他水回り トイレ、洗面化粧台 200,000円
内装工事 クロス張り 300,000円
その他付帯工事 バルコニー撤去 300,000円
現場経費   300,000円
     
     
合計   4,500,000円

 

 

 

 

ページ上部へ