ホーム>リフォーム施工事例レポート>通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム
リフォーム施工事例レポート

通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム

Before

通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム
  • 通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム
  • 通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム
  • 通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム
  • 通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム

After

通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム
  • 通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム
  • 通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム
  • 通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム
  • 通勤通学のために市内に中古住宅購入リフォーム

今回のお客様は、、、

仙台郊外に、既に持ち家をお持ちでしたが、

お子様の通学、旦那様の通勤にも便利ということで、

仙台市内に、平日過ごせる家をお探しのお客様でした。

最初は、中心部と言うことで、やはりマンションをお探しでしたが、

比較的手ごろな戸建住宅を、不動産屋さんに紹介されて、戸建に計画変更をして、

購入をお決めになりました。

 

ビフォーアフターが出来ない!全く水回りの位置を入れ替えました

 

2018102317937.jpgのサムネイル画像

まず、買った物件は、間取りが全然、ご要望とはあってない、

特に、水回りが狭い、浴室が狭い、、、

とのことで、台所と浴室、洗面所の位置を、

まるっきり入れ替えました。

ですので、リフォーム事例の写真では、

キッチンや浴室のビフォーアフターを載せておりますが、

実は、全然、位置が違います。

 

 

 

 

 

和室を完全な洋室に、それも、白を基調に。

「和室を洋室に、リフォームしたい」というご要望がよくありますが、

これには、いくつかの段階があります。

1、畳をフローリングに、

2、クロスの張替えも洋室風に、

3、和室の真壁(柱が見える)から大壁に、

4、天井も、和風の目透かし天井ではなく、洋風に、

5、押し入れも、クローゼットに、、、

 

畳をフローリングにするのは、たいして手間はかかりませんが、床壁天井、収納までとなると、全面リフォームになり、

床壁天井、全部を工事しないとならないので、費用は3倍4倍になることもあります。

20181023172247.JPG upwardright 20181023173454.JPG
20181023174118.JPG upwardright 20181023174218.JPG
今回は、全室、完全洋室に改修しています。  

 

 

昔の間取りの2階は続き間、それを廊下を作って個室に

 

家族構成によっては、中古で買われたお宅が、20181023182153.jpg

部屋数が足りないということもあるかと思います。

部屋数が足りていても、直接、その部屋に入れないとか、

お子さんのプライバシーをどれだけ確保するか?

ということも考えて、

今回は、廊下から直接、

個室に入れる間取りに変更しました。

 

20181023182456.JPG upwardright 20181023182612.JPG
  20181023182740.JPG

階段室も全面リフォームしています。ただし、階段自体は既存の階段に上張りしています。

 

20181023182848.JPG 2018102318305.JPG

和室の一部を廊下にして、個室ごとにドアをつけています。

 

2018102318377.JPG 2018102318380.JPG

2階の和室も洋室に。ただし、予算を抑えるために、2階は真壁のまま、柱や造作材は塗装で済ませています。

 

 

古い家の問題、、、駐車場がない、駐車場の増設

ある程度の街中の戸建は、築年数30年以上の古いお宅も多く、当時の考え方では、駐車場を作らないということも、よくありました。

今回のお宅も、敷地には、庭はあるのに駐車場はありませんでした。

ということで、

庭を駐車場にする工事も行っています。

20181023225631.JPG upwardright 2018102323112.JPG
2018102323316.JPG   2018102323358.JPG
解体材の撤去の様子   土間コンクリートの様子
     

 

その他、今回のお宅は、売主の瑕疵保証をつけています

 

瑕疵の保証は、売主がその責を負うのですが、売る時に、わざわざ、売主の責任で直して、検査機関の検査を受ける必要があります。

一般的には、売主は個人ですので、基本、現状売りと言うことが多いので、

なかなか、瑕疵保証を付けられることはないのですが、

今回は、買主様からリフォームを依頼されている弊社が、売買時に清算するという形で、弊社で売主の瑕疵保証検査をして、改修後、瑕疵保証を付けることが出来ました。

20181023231144.JPG 20181023232149.JPG
基礎のヒビの補強 室内のヒビの補修

 

その他の施工写真

20181024133848.JPG 20181024134027.JPG
解体材の処分 水回りの解体
20181024134213.JPG 20181024134358.JPG
天井の解体、下地あらわし 1階天井と2階の床の解体
20181024134514.JPG 20181024134731.JPG
新設キッチンの給排水配管 筋交いによる補強
20181024134939.JPG 2018102413529.JPG
浴室、洗面所のスケルトンの状態 浴室周りの断熱材
20181024135444.JPG 20181024135613.JPG
2階廊下の床貼り 2階の子供室の下地工事完成
20181024135855.JPG 2018102414144.JPG
1階押入れからクローゼットへの下地改修 柱、造作材の塗装
2018102414348.JPG leftright 2018102414534.JPG
玄関引き戸の交換 片引戸への交換

 

工事費の内訳

解体費用   300,000円
大工造作 間仕切り、床フローリング、壁造作など

2,200,000円

内部建具 ドア、折戸など

800,000円

内装クロス工事 壁紙 700,000円
住宅設備、配管工事 ユニットバス、キッチン、洗面化粧台、トイレ 2,000,000円
電気工事 オール電化、照明配線 300,000円
玄関ドア交換   550,000円
外構工事 庭掘削、駐車場土間工事 600,000円
現場経費   200,000円
合計   7,650,000円

 

 

ページ上部へ