ホーム>リフォーム施工事例レポート>外壁屋根の張替リフォーム、ついでに窓、断熱施工も。
リフォーム施工事例レポート

外壁屋根の張替リフォーム、ついでに窓、断熱施工も。

Before

外壁屋根の張替リフォーム、ついでに窓、断熱施工も。
  • 外壁屋根の張替リフォーム、ついでに窓、断熱施工も。
  • 外壁屋根の張替リフォーム、ついでに窓、断熱施工も。

After

外壁屋根の張替リフォーム、ついでに窓、断熱施工も。
  • 外壁屋根の張替リフォーム、ついでに窓、断熱施工も。
  • 外壁屋根の張替リフォーム、ついでに窓、断熱施工も。

今回のお客様は、外装、屋根が古くなった別荘の改修をご依頼です。

定年後、セカンドハウスとして使うため、劣化を防いでおきたいとのこと。

別荘ですと、日常もなかなかお手入れも出来ませんし、今回のような板張りの場合、

劣化も進んでしまいます。

山の中の別荘だから、ログハウス風、板張り。

っという概念ではなく、モダン風でも、十分、風景に馴染むっと思います。

 

外壁の張り替え

今回は既存が板張りでしたので、場所によっては劣化が進んでおりました。

一般的には、予算を抑えるため、

防水層を痛めないように、

既存の外装材を剥がさずに、上から張ってもいいのですが、

今回は、面によって、

剥がすところ、上から張るところと分けております。

南面、外壁を剥がしたところ 20161021134456.JPG
20161021134716.JPG

外壁を剥がした部分は、外部から断熱材を入れました。

せっかく、剥がしたんだから、ここまでやれば、

断熱材は入れた方がいいでしょう。

今回は、耐震性能も同時にあげたいとのことでしたので、

外壁を戻す前に、下地に壁合板を張りました。

20161021135033.JPG
20161021135339.JPG 壁合板の上から、透湿防水シートを張っているところ
新しい窓を付けた周りの透湿防水シート下地 2016102114454.JPG
※屋根のかかっているテラスだった部分をサッシで囲みました  
20161021141324.JPG 2016102114741.JPG
外部胴縁施工の様子 20161021141454.JPG
20161021141726.JPG 外壁を張っているところ
   

 

スレート(フルベスト)屋根の上から、カバー工法で金属屋根を葺く

本来、スレートとは、石のことで、宮城県雄勝でとれる雄勝石の天然スレート屋根のことで、

東京駅の屋根にも使われているものです。

これを模したもので、住宅屋根でスレート屋根と言っているのは、フルベスト、カラーベスト、コロニアルなどという商品名で言われています。

90年代は、金属屋根よりハイグレード、瓦よりも手頃ということで、洋風住宅に、よく使われていましたが、

「・・ベスト」というように、昔は石綿(アスベスト)が基材に使われていました。

現在の物は、セメントとパルプなどで成形されています。

90年代に建てた家ですと、このフルベスト葺きの屋根が多いのですが、

5~10年で白化してきて、藻などが繁殖してくると、先の方から湿った状態が続き、

劣化が進むようです。

不用意に上に登ったりすると、劣化のため割れやすくなっていたり、反って、

雨水がつが漏りする原因にもなります。

 

今回は、ですので、剥がさず、上から改めて、防水シートを敷いて、金属屋根を葺きました。

古いフルベストの様子。

壁の中で水切りが立ち上がりますので、

この順番で施工します。

20161021143456.JPG
20161021143755.JPG

既存のフルベストの上から、まずは、ルーフィングをします。

その上から、今回は、

ニチハ:横暖ルーフ

というガリバリュウム鋼板の加工屋根材を使いました。

※ニチハ:センタールーフ http://www.nichiha.co.jp/loof/centerloof/index.html

下屋などの壁際は、壁下地の中にルーフィングを立ち上げて、

施工します。

雨仕舞の基本は、

上から上から被せる、被せる

です。

20161021144755.JPG
20161021145144.JPG 上から、横暖ルーフを葺きます。

この写真は、

既存のフルベスト、

アスファルトルーフィング、

横暖ルーフ

の順番が分かる写真です。

20161021145332.JPG
20161021145647.JPG 完成です。
棟部分、完成の様子 20161021145931.JPG

 

窓交換、上から施工、インプラスと場合によってつけ分ける

単純に窓を断熱にしたいと言っても、いろんな方法があります。

 

2016102115559.JPG

リビングの大きい吹き抜け窓です。

既存の窓を内側に残し、

外側から窓を増やして2重サッシに施工

ダイニングの出窓も上から窓を取り付け。

これにより、内壁を補修、加工、しなくて済みます。

201610211596.JPG
2016102115321.JPG

小さい窓は交換してしまいました。

場所や大きさ、状態によって、施工方法を変えました

内窓:インプラス

を付けた窓

20161021151345.JPG
   

最後に内観の様子

大きな吹き抜けと、南に面した窓は、今までは、

冬は寒い窓でした。

2重サッシ、断熱サッシを追加することで、

冬でも暖かい光を入れる窓になりました。


また、まきストーブも今回は施工しましたが、

こちらの暖房効率も上がると思います。

20161021151740.JPG
20161021152735.JPG 吹き抜けの大きな窓
   

 

 

ページ上部へ