ホーム>リフォーム施工事例レポート>キッチンリフォームとダイニングを掘りごたつ、畳コーナーへ
リフォーム施工事例レポート

キッチンリフォームとダイニングを掘りごたつ、畳コーナーへ

Before

キッチンリフォームとダイニングを掘りごたつ、畳コーナーへ
  • キッチンリフォームとダイニングを掘りごたつ、畳コーナーへ
  • キッチンリフォームとダイニングを掘りごたつ、畳コーナーへ

After

キッチンリフォームとダイニングを掘りごたつ、畳コーナーへ
  • キッチンリフォームとダイニングを掘りごたつ、畳コーナーへ
  • キッチンリフォームとダイニングを掘りごたつ、畳コーナーへ

今回の客様は、、、、

mailto

仙台市泉区の築20年以上のお客様。

この地域は、バブル前後に開発されて、それこそ、坪単価60万円以上の多くの高級住宅が建てられました。

90年代、バブル前後の住宅は、輸入住宅、オーク調の濃い木目、造作材の現場塗装が流行っていたこともあり、

そのようなお宅も多いのですが、

今の明るい雰囲気の住宅とは違って来たり、塗装面の痛み、フロアの痛みも出てきているところだったりします。

 

ということで、今回は、お宅の中心である、キッチン、ダイニングを、

新しいキッチンにすることで、今風の明るい雰囲気に変えたり、

ついでに、ダイニングも、掘りごたつ風の畳コーナーにしたいというご要望でした。

 

バブル前後に流行った輸入住宅

日本の住宅建築には、少なからず、流行りがあったりします。

それこそ、70年代は、プレハブ住宅、大工さんの木造住宅が中心だったと思います。

80年代に入り、バブルの恩恵で、住宅建築も増えてくると、家のブランド化がすすんで、大手住宅メーカーなどが競って、

自社の住宅に特徴を持たせるようになってきました。

そこで、90年代に入り、地域の工務店や、新規参入の住宅メーカーが取り入れたのが、

輸入住宅や、その雰囲気を取り入れた欧風住宅だったりします。

特徴として、濃い木目塗装、現場塗装などがあり、新築当時は雰囲気があって、飾りも豪華でよかったのですが、

築年数がたつと、劣化や痛みは、やはり出てきます。

201610512643.JPG 2016105115548.JPG
2016105115718.JPG

当時のキッチンも、濃い木目、オーク調のデコレートされた輸入風キッチンが流行りでした。

現在は、

明るいプレーンな色、鏡面など凹凸のない拭きやすい扉、

部屋の雰囲気に関係なく、好きな色で選ぶ、

など、

キッチン一つとっても、好みは、20年もすれば変わってくるようです。

今の流行りは、モダン、ナチュラル

2016105115641.JPG 2016105153219.JPG
   

ダイニングは掘りごたつの畳コーナーに

2016105115511.JPG 2016105153731.JPG
   

掘りごたつの造作

2016105153914.JPG  
   

 

ページ上部へ