ホーム>リフォーム施工事例レポート>格安中古マンションの購入&リフォーム
リフォーム施工事例レポート

格安中古マンションの購入&リフォーム

Before

格安中古マンションの購入&リフォーム

After

格安中古マンションの購入&リフォーム

お客様から下記のようなメールをいただきました

今般、青葉区に築27年程度の3LDKの中古マンションを購入する運びとなりました。以前より、こちらのサイトの存在を知っており、なんとなく好感を抱いておりました。
つきましては、いくらかのリフォームを行いたいと思い、御連絡させて頂きます。
現在考えている内容としては、

  • 壁紙の張り替え
  • 畳の入れ替え
  • 襖の張り替え(あるいは交換)
  • 北側6畳間の洋室化
  • キッチンのガス台交換
  • 費用的に余裕があれば、洗面台の交換

等で、100万円以内くらいの予算を考えております。

上記内容であれば、100万円以内で十分収まると思います。
しかし、和室→洋室の場合も、正式な御見積を出すには、まず現状確認が必要になります。

  • 畳は床の状態
  • 既存のガステーブルの確認(寸法、メーカーなど)

畳は床の状態が良ければ表替え(天日干し~表の御座のみを張替え)することで、新調するより安く済みます

表替え 1枚 4,500円(マンション用/税別)
新畳 1枚 9,000円(マンション用/税別)

11枚×4,500円=49,500円違います

当初、M様には現場での確認立ち合いをお願いしたのですが、お時間がないようでしたら、私一人ででも、マンションを見ておくことも可能です。その場合、商品を想定して、お見積し、既存の状態の問題点などがあれば、ご報告できます。

現場でお打合せ/お見積をしたのは、完全に引渡しが済んでしまってからでした

「リフォーム費用にどれだけかかるか、見積もってから契約したい」
と不動産屋さんに相談すれば、契約、引渡し前でも、見せていただいて、リフォーム費用を見積もることは可能だと思います。
お客様は、不動産屋さんに紹介されたリフォーム屋さんと私どもの2社の相見積ということでした。2社と打合せの段階で、見積に入れなかったり、違う方法でリフォーム提案があったりで、単純に金額だけで2社を選ぶことは出来なかったようですが、結局、私どもでリフォームを請負うことになりました。
当社に依頼があった時点で、今度は、壁紙などのデザイン、洗面化粧台などの設備の仕様、デザインなどを詳細に確認、決定していきます。
壁紙は見積どおり、普及品からお選びになりました。今回、襖がかなりあったのですが、襖も壁紙と同じもので張っています。襖紙を貼るより安く済みますし、襖紙よりモダンな和室になります。

施工前

施工前

施工後

施工後

和室の続き間があり、「おばあちゃんがたまに泊まりに来るので、簡単に仕切ってあった方がいい」とのことです。そこで、和室の仕切りにはアコーディオンドアの和風のものを付けました。

洗面化粧台

「洗面化粧台は、安いのもあるけど、多少はデザインされているものにしたい」「鏡部分も扉になっていて、収納できるやつがいい」と奥様。2万円程度追加になりましたが、扉が木目調のもので、奥様のご要望の洗面化粧台は付けることが出来ました。
「洗面所のクッションフロアは、涼しげで清潔感があるほうがいい」とのことで、籐で編んだようなデザインのクッションフロアになりました。てあった方がいい」とのことで

 今回の工事金額(中古マンション/築30年・65m2)

洗面化粧台の交換 12.0万円
キッチンコンロ交換 10.0万円
壁紙張替え 25.0万円
アコーディオンドア 5.6万円
畳表換え 6.8万円
クリーニング/処分費 6.1万円
現場経費 6.5万円
合計(税込) 72万円

(※工期:11日間)

今回のポイント

今回のポイント

今回のポイント

今回のポイント

 今回のポイント

お客様が中古マンションを買われる場合、
出来れば、見栄えは汚いですが、リフォーム前の状態で購入されることをお勧めします。(買う気自体起きないかもしれませんが、リフォーム後の綺麗な様子をイメージして...)
今回のように築30年近く経つマンションは、結構、傷んできています。不動産屋さんや売主などで、見栄えをよくするために、売りに出す前にリフォームをしてしまうこともありますが、それですと、

痛み具合などが分からなくなってしまっている

実際はカビがひどかったり、結露のあとが見受けられると、その建物がどういう状態か納得した上で購入するかどうか検討できます。売りに出す前にリフォームしているマンションはそういう粗が隠されてしまって、わかりません。

最初から好みの壁紙や設備を自分で選びたい..

不動産屋さんでリフォームをしてしまう場合、一般受けのいい、オーソドックスな壁紙、デザインでやってしまいます。また、その工事分も当然、不動産金額に含まれてしまっています。もし、同じ費用をかけるなら、お好みのデザインでリフォームしたり、ちょっとお金をかけてでも、流行のデザインに出来ます。

リフォーム費用分の不動産の値引き交渉が出来る

粗探しではありませんが、リフォームにお金がかかったりする内容の工事が必要だったり、汚い状態で購入するのでしたら、その分、安くしてもらえる可能性はあります。

最後に

いかがでしたでしょうか、マンションの供給過剰ぎみの今。中古マンションを購入してリフォームして住う方法が定着しつつあります。中古マンションリフォームをお考えのみなさんに、今回のレポートがお役に立てば幸いです。

ページ上部へ