ホーム>建物状況調査(インスペクション)

建物状況調査(インスペクション)

H30年4月1日施行改正宅建法に伴う建物状況調査(インスペクション)

 

買主様の中古住宅購入の理解をより深め、不安を払しょくするためには、、、

・専門家が一定の劣化事象の有無の確認、把握

・補修工事の必要性の把握

・維持管理時のための現況把握

・買主様の正しい現況理解

・リフォームによる改修計画の提案

・そして、そもそも、検査の中立性

が必要です。

表面上の検査だけでなく、これをもって、売買を円滑に進めることが可能になり、

引き渡し時の、買主様による不満や、疑心暗鬼にならないようにすることが出来ると思っております。

ですので、弊社の現況検査業務は、この目的にあった内容になっております。

 

建物状況調査の概要

H30年4月1日に施行されました、改正宅地建物業法において、

説明が義務付けられました、「建物状況調査」(インスペクション)について、

弊社にて、

既存住宅現況調査技術者の資格を取得いたしましたので、

調査業務と、買主説明を開始いたしました。

※一般的な、調査報告書の提出だけでは、説明不足、理解不足が起こることが多いと思いますので、

弊社では、直接、買主説明まで行うのが、ポイントです。

 

価格表

基準価格 

(100㎡まで)

  調査・報告書作成 買主説明(重要事項説明前後)
H12年法改正以降の建物 50,000円(税別) 20,000円(税別)
H12年法改正以前の建物 60,000円(税別) 30,000円(税別)
修繕計画報告書 リフォーム計画として無料提案

延べ床面積100㎡までは基準価格で、それ以降は、「(延べ床面積)%」を掛けた金額

例:平成13年築、延べ床120㎡のお宅の場合

調査・報告書 50,000円×120%=60,000円

買主説明 20,000×120%=24,000円    ※税別

その他の適用条件

・調査対象地域:宮城県全域(25kmまで)

(対象地域より遠方は、遠距離加算で対応いたします)

※建築士事務所協会参考費用

 

※ご依頼は、サイトのメールフォームからでも可能です。

 

 

弊社の調査業務のポイント

paper 依頼主は、売り主様、買主様、仲介業者様、どなたでも、どのタイミングでも構いません。

paper 正式な報告書作成前に、事前の予備調査も可能です。

 (劣化の具合に対してどのような報告書になるかの目星として)

  予備調査は、売り出し価格の算定の参考にもなるかと思いますので、

 まずは、物件がありましたら、お声がけいただければと思います。

paper 重要事項説明前後で、買主様へ、直接、調査報告説明を行います。

paper 調査義務のある、構造上重要な部分、雨漏りに関する内容以外に、給排水設備の検査、そして、

 検査項目の改善や、リフォームに関する相談にも対応いたします。

paper その他、ご要望があれば、随時、改善していきますので、お気兼ねなくご提案いただければと思います。

 

長年、中古住宅リフォームを行ってきたことが、強みです!!

調査技術者は、指定の講習を建築士がその業務を行いますが、一般的な建築士の業務の多くは、

設計業務、工事監理業務など、新築がメインです。

この検査業務には、買主にアドバイスする上でも、

ある程度のリフォーム計画、施工の経験が、役立つかと思います。

 

購入検討時の不安の払しょくと、引き渡し後のトラブル回避のために

買主様の購入時の不安は、指定された検査項目はもちろんですが、

それ以上に、実際は、

購入後の改修だったり、それにかかる費用だったりします。

(本来のニーズは、美観や使用感に対する改修も大きいと思われますので)

それに対しても、相談に乗り、リフォーム提案や助言を行うことで、

不動産仲介業務の、建築全般のご助言として、お手伝いになるかと思います。

 

ページ上部へ