ホーム>社長ブログ>2017年5月

2017年5月

トータルリフォームに特化したサイトを作りました。

弊社のサイトですが、

このたび、トータルリフォームに特化したサイトを、

新たに作りました。

 

トータル/デザインリフォーム

http://www.housing-a.biz/contents/category/design-reform/

 

トータルリフォームとは、

全体的に、生活スタイルを考慮して、トータルで考えてリフォームすることです。

キッチンリフォーム、ユニットバスリフォーム、外壁塗装などといった単体のリフォーム工事とは、区別して考えました。

単体のリフォームであれば、単純に、

お客様がリフォームしたいと思えば、するだけです。

一方、トータルリフォームとは、水回り一式とか、老朽化が心配だけど、あと10年住みたいとか、

増築も視野に入れて考えたいなど、

家を全体的に考えて、生活スタイルを考えて、リフォームすることです。

これには、全体的な建築の専門知識も必要ですので、

弊社のような設計事務所をご活用ください。

 

まず、お客様のご要望は、漠然としていることも多いので、そこの整理から。

そして、予算も限られていますので、

予算の範囲で、優先順位をつけてのご提案もする必要があります。

また、工事的にも、

・費用対効果が高い工事

・ついでにやってしまった方が効率のいい工事

などは、こちらからご提案することになります。

 

単体のリフォーム工事でしたら、工事経験のあるリフォーム業者でも可能ですので、

安い方、話が早い方がいいとかで選べばよいかと思います。

でも、トータルリフォームは、お客様の家族構成から、生活スタイルを加味して、

提案力、説明力が問われますので、

弊社のような、設計事務所の方が適しているかと思います。

 

あれもしたいこれもしたい、でも、我が家の場合は、ちょっと違う、、、

と、お思いの方は、ぜひ、ご覧ください。

中古住宅売買時に特化したサイトを新設しました

弊社のサイトですが、

このたび、中古住宅、中古マンション購入時のリフォームに特化したサイトを、

新たに作りました。

 

 

中古住宅・マンション購入リフォーム

http://www.housing-a.biz/contents/category/mansion-reform/

 

中古住宅購入時のリフォームは、普通の今お住まいの住宅をリフォームするのとは違います。

・そもそも住んだことのない家なので、わからないことが多い

・中古住宅購入価格が適正かどうかも、どれだけリフォームする必要があるかに依ったりもする

 

だからです。

 

自分が住んでいる家だったら、誰よりも詳しく、その家をわかっているので、

どこを直したいか、どこが不具合があるか、自分でリフォーム会社に説明することが出来ます。

一方、中古住宅購入時は、

見た目的な部分は、主観で、ご自身で判断できますが、

設備の不具合や、外部のメンテナンス状況などは、初見でなかなか判断できません。

 

それと、

中古住宅の購入価格の妥当性も、判断する必要があります。

例えば、

1500万円の中古住宅でも、リフォーム費用に500万円以上、かかってしまえば、予算オーバーとか、

1800万円の中古住宅でも、リフォーム費用で200万円で収めることが出来れば、購入可能とか。

また、

中古価格で1500万円の家でも、ご希望の住宅のリフォームに1000万円かかっていたら、

3000万円かかっても新築の方がいいと言う判断もあるかと思います。

 

その他、中古住宅の場合は、瑕疵保証、売主との責任範囲の問題など、

普通のリフォームとは違う側面があるかと思います。

 

普通のリフォームとは工事することは一緒だとしても、

そもそもの考え方が違う、

「中古住宅/マンションリフォーム」

これに特化したサイトですので、

中古住宅を購入予定でリフォームも必要だろうとご心配の方は、

是非、ご覧ください。

 

ページ上部へ