ホーム>社長ブログ>住宅ローン減税と瑕疵保証改修
社長ブログ

住宅ローン減税と瑕疵保証改修

中古住宅の購入時、住宅ローン減税の対象になるには、簡単に言うと、

 

・築20年未満であること

・築20年以上であれば、「既存住宅売買瑕疵保険」に加入

が条件になります。

 

つまり、

築20年未満の物件ですと、何も問題は無いのですが、

築20年以上の物件ですと、

売る時点で、この検査に合格する必要があります。

 

これは、売る時点で売主名義で、

合格する必要がありますので、

補修があれば、売主の責任で補修もしておく必要があります。

(最終的には売買費用との相殺になるかもですか)

 

雨漏りも無い、確認申請通り施工された物件でしたら、

簡易なヒビ等の補修で、合格させることが出来ます。

ですので、

このような場合は、買主がついた時点ででも、合格させておけば、

買主には大きなアピールポイントになるかと思います。

 

雨漏りがある場合、明らかな構造の欠陥がある場合、

補修に相当な費用がかかる場合があります。

この場合は、検査結果によっては、

買主には、

補修に相当な費用がかかるため、

住宅ローン減税分と補修費用との検討が必要など、伝えないといけません。

 

このような対応検討、補修工事まで含めて、

弊社で施工いたします。

 

ぜひ、

ご自宅を売る予定がある方、

もしくは、

不動産仲介業者様、

お声がけいただければと思います。

 

検査機関に同行、検査内容を確認して、

補修、施工見積もりをお作り致します。

さらには、売買時の建築的なアドバイスもさせて頂きます。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.870reform.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/63

ページ上部へ