ホーム>社長ブログ>2014年7月

2014年7月

シロアリ、床下工事

梅雨の入り際など、

シロアリ、羽アリを目撃しなかったでしょうか?

シロアリなどは、梅雨の入り際あたりから、活動を始め、羽アリが住処を探して、飛び回ります。

 

目撃したようなお宅は、

100%シロアリに食われています。

今は、見えなくなったとしても、基本的には、シロアリは、表面には現れず、

柱の内部から食べ始めるので、密かに進行しています。

 

シロアリ、床下工事のポイント

 

1、「シロアリ無料診断」はほとんど嘘です。

防蟻処理は、シロアリがいようがいまいが、行うものです。

逆に、発見してからでは、相当食われているので、遅い。

なので、いるかいないかを検査する必要もなく、行わなければならないので、検査するという業者は、敷居をまたぐ口実でしかありません。

中には、シロアリを持ってきて、放つ悪徳業者もいるようですので、

「シロアリ無料診断」などは、そもそも受ける必要はありません。

 

 

2、床下を見て、蟻道があれば、シロアリはいます。

東日本のシロアリは、ヤマトシロアリといって、湿気のないところは移動できないので、基礎の立ち上がりなど、

コンクリート部分、大引などは、蟻道を作って、そこを通ります。

20147792230.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20147793046.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、シロアリ自体が問題ではない、それに土台、柱が食われて、耐震強度がなくなるのが問題

ですので、駆除しただけでは終わりません。

食われた土台、柱、床などは、交換して、直してから、防蟻処理をしましょう

2014779322.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014779339.JPG

ページ上部へ