ホーム>社長ブログ>2013年7月

2013年7月

リフォームはいつやったらいいのか?季節とライフスタイルと、そして、消費税増税

住宅リフォームって、

例えば、浴室のリフォームにしても、今も使えているものだし、いつでもいいものなので、

ついつい、先伸ばししてしまいます。

では、一番いい時期にやるのが、良いのではないでしょうか?

一番いい時期とは、

club季節的に考えると、

・冬は寒いから、窓や外につながる部分の工事は、初夏から秋がいいです。

・家の中の工事であれば、大工さんが一段落する冬の方がじっくりできるかも。

大工さんも雪の中、新築工事をするのであれば、室内のリフォームの方がやりやすいです。

 

clubライフスタイルから時期を考えると

・新生活が4月から始まるのであれば、3月までにとか

・お盆に親戚が集まるので、その前にとか、

お盆、年末年始を又がないように終わらせる

など、考えて、計画的に進めましょう。

 

そして、

何よりも、リミットが近づいているのが、

消費税増税の時期です。

新築住宅なら、契約時期、着工時期などの確認が必要ですが、

リフォームの場合は、恐らく、ちょうどオンタイムで、増税になります。

新築は、届出が伴うので、税金の控除や、キャッシュバックなど政策が打ちやすいですが、

リフォームには、恐らく、そのような、政策は適用されないと思います。

なにより、工事金額が大きいので、消費税負担も大きいです。

それらを考えると、今年がまさにリフォーム時期となるかと思います。

ちなみに、中古住宅の売買は、

売主のほとんどが、個人なので、その場合は、

そもそも、消費税はかかりません。

 

リフォームは、いつやるの?

「今でしょ!!」

ってとこかと思います。

 

PS。

今、流行っている「今でしょ」って、いい言葉ですよね。

アベノミクスで景気を上向けようとしている今に、まさに、ぴったりではないでしょうか。

投資するのは、「今でしょ」

買うのは「今でしょ」

動くのは「今でしょ」

デフレの時は、もっと安くなる、もっと悪くなるっと、なんでも先送りのマインドが、

投資や消費を妨げているのが、問題なだけに、

これから良くなるという気持ちが、今を動かし、それが、実態として、実際に良くなっていくという感じですかねhappy01

 

ページ上部へ