ホーム>社長ブログ

社長ブログ

リフォームチラシの不思議

20年ぐらい前から、リフォームに特化する工務店が多く現れるようになり、

初期の頃は、住宅リフォームの営業はチラシで公告するのがメインでした。

しかし、リフォームの場合、対象のお客様が限られますので、チラシをまいていると、

かなり費用対効果が悪く、

(スーパーのチラシは、誰でも買うし、誰でも対象になるので効率はいいですし、

そもそも、それに売り上げを頼っていない、必要経費だったりしますが)

当時の会社は広告経費倒れをしたのか、そのチラシもかなり少なくなりました。

 

しかし、最近、目に付くリフォームのチラシも、

同業者として、「?」、っと思う箇所がいくつかあります。

それは、お客様の方でも、そう感じているのではないでしょうか?

今回は、リフォームのチラシの不思議な部分、おかしい部分、実はこういう仕組みだ、

など、書きたいと思います。

 

キッチン、ユニットバスなどの価格が安すすぎる

比べるのが難しいリフォームでは、つい、商品単価の高い安いで、

この会社は安い、っと、商品単価で安さを感じてしまうかもしれません。

しかし、リフォーム会社は物品販売ではないので、

最終的には、工事費を含めたリフォーム金額で請け負いますので、

本来は、そこまでの価格で、比べなければなりません。

 

実は、リフォームの商品、ユニットバス、キッチン、洗面化粧台、、、は、メーカーから仕入れるのですが、

これが、他社より極端に安いということは、ありえません。

厳密に言うと、メーカーからは直接仕入れず、商社、問屋さんなどが間に入りますが、

もし、そのリフォーム会社が、極端に安く商品を仕入れられてたら、

他社は、「何でうちは高いんだ!、うちにも安く仕入れさせろ」

と、問屋さん、メーカーに詰め寄ることになるからです。

そもそもですが、年間何百棟以上、新築を建ててる住宅メーカーもありますので、

そこと比べると、リフォーム業は、小規模になりますし、そのお宅に合わせた、すべてオーダーメイドとなると、

まとめて仕入れる、まとめて交渉するということも難しいので、

どのリフォーム会社でも、仕入れ価格には、ほとんど違いはないと思います。

っと言うことは、

商品を安く出している分、工事費を高くして、そこで利益を上げる、

と言うことが考えられます。

つまり、

チラシ広告の安い商品価格は、客寄せ、まずは、問い合わせをもらうための手段

と言えると思います。

これは、某大手家具屋さんなども、この手法を取っていますが、

家具屋さんの方は、商品が売れればいいので、

もしかしたら、本当にその価格で利益を出すのかもしれませんが、

それにしても、最終的には、取り付け費込みの金額がリフォーム代金となりますので、

そこの取り付け工事費は、実は高めになっているのが実情です。

 

トータルリフォームの価格

 

リフォームのチラシでは、よく、

「水回り4点一式、○○万円から~」

「外装塗装一式、○○万円から~」

「トータルリフォーム一式 ○○万円から~」

という文言を目にします。

これは、普通に考えても、まったく意味のない価格でしかないと思うのです。

それでも、まだ、

商品が決まっていて、さほど、違いがないような単体工事ならまだ、わからないでもないです。

たと言えば、ユニットバス、キッチン、洗面化粧台、トイレの交換など。

でも、これにしても、価格として出せるのは、

「一番安くできた場合」の単価だと思ってた方がいいと思います。

そもそも、家の古さや、現況で、お宅の様子は皆さん、違います。

その、お宅によって違う状況を想定して、

追加でかかるかもしれない費用を加味したリフォーム金額と言うのを、チラシでは言えないと思います。

ですので、結局、一番、やり易いお宅の場合、費用が掛からない工事の金額になってしまいます。

でも、結局、最終的には、すべての状況を加味したお見積りに追加でなっていくわけで、

その追加部分の費用を多く見られると、結局、最終的には高い見積もりになるかもしれません。

 

そう考えると、

「外装塗装一式」、「トータルリフォーム一式」に至っては、

ほとんど、参考に出来ない金額だと思います。

安く見せるために、参考のお宅の条件は、(25坪の場合)とか、小さく書いていますが、

これも、住宅としては一番小さい方の坪数です。

それも、2階建てでは、この広さのお宅はほとんどあり得ないので、平屋の場合?と言えます。

「トータルリフォーム」に至っては、細かく言うと、

例えば、

和室を洋室にする工事、

給湯器もオール電化にする工事、

玄関土間はそのままなのか?

窓は全部交換する金額なのか?

などなど、まったくわからない内容です。

 

そう考えると、安くはないリフォーム費用、

労をいとわず、3社ぐらいのリフォーム会社から、

話を聞く、アイデアを頂く、工事範囲の考え方の相談をして、

リフォームの見積もりを検討する、

と言う工程は、必要なのではっと思います。

リフォーム業のブランド化は必要?将来の日本の姿は?

もうすぐ10年になるでしょうか?

ギリシャの経済が破綻したというニュースが流れてから。

それ以降、ギリシャはあり続けますが、常に危機の状態は続いているようです。

 

そのギリシャでは、新築住宅というのはほとんどないということです。

建築業では、官公庁、公共工事、大型物件、住宅に関してはリフォームしかないのです。

アメリカやイギリスでも、実は新築住宅というのはあまりなく、

日本の人口の2.5倍のアメリカでも、新築着工数は日本とさほど、変わりはないということです。

アメリカの方が土地が広大にあり、移民などの流入で経済成長もしているのにも関わらずです。

一方、中古住宅の流通量は日本の10倍あるそうです。

 

なので、これからは、やはり、中古住宅の流通、リフォームへと、日本も進んでいくことになるのは確かですが、

じゃあ、アメリカでは、住宅のリフォームは、どのような形態で進めているのでしょうか?

実は、ほとんどが、地元の工務店、もしくは、お客さんの方で職人に直接依頼するといった形で、

日本のように全国規模の大手の住宅メーカー、リフォーム業者に頼む

ということは、ほとんど見られません。

海外ドラマでも、たまに住宅をリフォームしているという設定を見たりもしますが、

地元の業者がやっている状況が描かれています。

 

新築住宅ですと、ある程度のブランド化というのもあります。

これは、売りやすさ、差別化、という目的があります。

さらには、住宅を工場生産をすれば、大規模な設備投資が必要な大手の住宅メーカーという存在価値も出てきます。

 

しかし、リフォームは、

1件1件、お宅が違う、要望も違う、やることも違う、ということで、

ブランド化したり、大手メーカーが請けるマスメリットはほとんどないと言えます。

 

では、なぜ、日本のリフォーム会社は、大手の住宅メーカーだったり、ブランド化をするのでしょうか?

それは、

1、新築工事が減少した住宅メーカーが、余った人員の受け皿として別部門のリフォーム業へと人員転換をしている

2、唯一のメリットの、広告宣伝費をまとめられる

3.ネームバリューで頼むお客様が多い

からかと思います。

しかし、これらの理由では、お客様にとってのメリットは、無いと言えるかと思います。

 

つまり、リフォームのブランド化は、お客様にとってではなく、

会社側の都合が大きいと言えます。

 

リフォーム業がマスメリットが少ないということは、

効率化を図ることも出来ないので、

大手住宅メーカーがやっても、実は、

儲けの少ない、手間のかかる、美味しくない事業と言えるのです。

 

さらに、これからリフォーム市場は拡大していくかと思いますが、

今、その拡大の受け皿になっているのは、住宅メーカーの余剰人員になっているかと思いますが、

日本も近い将来、リフォームの担い手は、アメリカと同じように、

地場の、私のような専門業者だったり、大工さんだったり、何でも屋さんになって行くのではないでしょうか?

今なぜ、太陽光発電?

10年以上、前かと思います。

太陽光発電が、もてはやされて、私の方でも、取り扱い、導入のシミュレーション依頼、見積依頼が来ていました。

でも、当時は、弊社では結局、太陽光発電自体は施工までには至りませんでした。

 

なぜ、当時は太陽光をやらなかったか?

 

私の基準として、割のいい物ではなかったからです。

その理由は、

当時は、シミュレーションすると15年程度で元がとれる、という結果になったのですが、

 

私の基準

・元が取れると言えるのは、10年程度での話で、世の中、どのように変わるかわからないのを考えると、

15年程度では元が取れると言ってはいけない。

(100年では元が取れるとは言えないですよね、ある程度の期限が必要で、それは「10年ひと昔」っと考えていました)

 

・エコキュートと合わせて、10年で元が取れるという提案なら、

エコキュートだけやれば、7,8年で元が取れる。

なので、エコキュートの設置工事のみに変わった方はいます。

 

・設置した瞬間に、装置の天災等のリスクを負う事になる。

 

等が理由で、そもそも、お客様にはお勧めしておりませんでした。

 

結局、当時、施工していた太陽光発電設備は、

 

・電気の買取価格は、当時の方が断然高いのに、その分、設備費も同じだけ高い、

・補助金もあったのに、補助金分、高い、、、、

結局、高い買取価格や補助金は、全部、メーカーや設置業者の設備投資、利益になるだけで、

お客様は、単純に、

「15年で元が取れる」

と言う恩恵だけしか、受けていなかったということです。

 

結局、当時、太陽光発電が売れると思って、大量投資をした設置業者が乱立し、

国道沿いに店舗をオープン、CMを打ったり、プロ野球スタジアムに大型看板を設置した業者も有りましたが、

すべて、倒産してしまいました。

 

それが、最近になって、やっと、、、なのです。

 

やっと、「10年で元が取れる」

ぐらいにまで、価格が下がったのです。

補助金も無い、買取価格も下がっているのに。。。

つまり、

・太陽光パネルの価格が大幅に下がった。

・設置技術も向上し手間がかからなくなった。

と言う理由からです。

さらには、

天災保証もついているので、地震、台風で飛ばされても保証される。

っと、やっと、本来の一般の方が導入できる価格、元が取れる域に、最近になって達したことになるのです。

 

価格下落のポイント!

太陽光パネルの製造には、大規模な設備投資、大量生産体制が必要です。

10年前からの太陽光パネル製造で、やっと、ローコストで太陽光パネルを製造できるようになったのと、

今度は、そのラインを維持すべく、安く売らないと売れない、となって来て、

薄利多売の方向に向かっているのかと思います。

そもそもの国の補助金政策は、購入者のため以上に、設備投資のためでもあったと言えます。

 

最後に、、、

 

太陽光発電は、設置すれば、30年以上は問題なく発電すると言われています。

つまり、元を取った先でも、ずっと電気を産み続けてくれる、

買取価格が下がっても、今の設置コストだと、自宅用に使っても得をする、、、

これは、今だと導入する絶好の機会だと言えると思います。

 

っということで、

私の家も今、導入の検討を始めました。

(売ろうとしている人が自分も買おうと思っているのが、何よりの証拠ですね。)

 

ちなみに、これは家庭用10Kw以下のシステムだけで、

それ以上の大きさの空き地設置などは、買取保証がない、進入禁止フェンスの設置義務など、

これだけ、価格が下がっても今でも、割は合わない投資になっています。

 

お問い合わせは、

弊社問い合わせページへ

 

 

「LIXILリフォームフェア2018 東北」のご案内

世界有数の住宅設備機器メーカー、LIXILの、毎年恒例の、リフォームフェアが今春もあります。

 

ご存知の通り、LIXILは、

旧トステムを中心に、INAX、新日軽、サンウェーブなどが統合して出来た、日本でもトップクラスの住設メーカーです。

フローリングから、ドア、窓、外装材、水回り、タイル、エクステリアまで、

家一軒分の建材を提供しており、このメーカーだけで、家を建てられるほどです。

規模もそうですが、家一軒分の品ぞろえは、恐らく、世界にも無いと思います。

すべての住設機器の最先端が見られるリフォームフェアになりますので、

今年、リフォームをお考えの方は、一見の価値があると思います。

 

今回も、一般公開はされていなく、

招待券方式になっておりますので、本気の方がゆっくり見られる展示会になっています。

 

☆2018年5月12日(土) 10時~17時

      13日(日) 10時~16時

☆場所:夢メッセみやぎ

※招待券が無いと入場できません。ご注意ください。

 

お問い合わせは、弊社サイトのお問い合わせフォームから、

「招待券希望」とお申し込みください。

お問い合わせフォーム http://www.870reform.com/contact/forms/index/1

20185901457.pdf

20185902025.jpg

※※お盆期間の対応について※※

※※お盆期間の対応について※※

明日より、お盆期間に入ります。
建設業では、慣習的に、お盆は工事は休むことになっております。
商業施設などは、お盆は関係なく工事をすることはありますが。

弊社でも、工事は休んでおりますが、
リフォームのお打ち合わせなどは、随時、通常通り行っております。

日頃、お仕事で忙しく、なかなか、考える機会、打ち合わせの機会が取れないと言う方、
お盆は、家族が揃ういい機会ですので、
リフォームの話は、家族の話でもありますので、
ご家族で、お話してはいかがでしょうか?

改まって、家族だけでの話もしずらいと言う方は、
リフォーム屋さんを呼んで、みんなに揃ってもらって、
ざっくばらんに相談しても良いかと思います。

お盆期間のお打ち合わせなど、お問い合わせをお待ちしております。

住宅メーカー系のリフォーム会社

世の中には、リフォーム会社はいっぱいありますが、

どう言う系統の会社かで,、以下のように分類することが出来ます。

 

・弊社のような設計事務所、建築会社系

・大工さん、塗装屋さん、水道屋さんなど専門業種系

・訪問販売系

・ホームセンター、量販店系

そして、住宅メーカーの名前を頭に付けた、

・住宅メーカー系(○○そっくりさん、○○ホームリフォーム、○○ハウスリフォーム部門など)

 

最近、多くなってるのが、この「住宅メーカー系」です。

この住宅メーカー系リフォーム会社の売りは、

何と言っても

「自分たちが建てたので、家のことがわかっている」

「自分たちの工法は、一番多く工事しているので経験が豊富」

と言うことなのですが、

確かに、一番、工事はしているかもしれませんが、

少なくとも建てたのは、当時の人で、何十年前のことですし、

同族メーカーだと言う割には、そもそも図面すら持って来ていないと思います。

責任期間はとうに過ぎているので、持っていなくても何の問題もありませんが。

住宅メーカー系リフォーム会社が、どのように多くのリフォームを受けているかと言うと、

「無料定期診断」と称して、当時の顧客名簿をもとに、要は、営業をして回っているんです。

この世で、無料ほど高いものは無いと言います

私の方に、ご相談があるので多いのが、

 

「築15年の家なのですが、

住宅メーカーのリフォーム部門の人が、定期検査だと言ってやってきて、塗装の塗り替え時期と言うことで、

見積を置いて行ったので、塗装工事をしようと思います。。。。」

という内容です。

一見、まともに見えますが、僕が見た限りでは、

15年程度で塗り替えが、そもそ必要があるのか

という感じでした。

塗装メーカー、外壁メーカーの推奨では、10年というのが一つの目安ですが、

それで雨漏りするわけではないですし、要は、美観も含めての話なので、

ご本人が必要ないと思えば、する必要のない工事だったりします。

 

何よりも、

顧客名簿を持っている、

新築したメーカーだ、

ということで、敷居が低いので、

連絡、訪問されたら家にあげますし、不具合があれば、見積を依頼しやすい、

ある程度、信頼できると思って、言いなりになっている方が多いのかと思います。

でも、同族メーカーの不都合な部分は、責任問題にもなりますので、言わないのが普通ですので、

私のような第三者が客観的に見たら、

当時の施工の不具合などは、認めてくれない

専門だという事で高い見積を出す傾向がある

メンテナンスと言う名目で、リフォームするのが普通だと、決めつけで話が進む

ということも、多々あるかと思います。

 

今は、医療でもセカンドオピニオンと言うのがございます。

私共のような、あらゆる工法、あらゆるメーカーの施工を見て来た第三者の会社の意見の方が、

公平だったり、普通だったり、客観的なお話が出来ると思います。

まずは、住宅メーカー系のリフォーム会社の話を聞く、お見積りを取るのは重要ですが、

相見積もりとして、弊社の意見、考え方なども取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、

弊社の大工さんは、住宅メーカー系リフォーム会社の一次下請けで、工事に入ったりもしています。

実は、「同じメーカーのリフォーム会社なので、専門です。特別な施工で、うちしか出来ません。」

というのも、無かったりする話なのです

パナソニック/新商品内覧会のお知らせ

今年も、「パナソニック」では、

新商品内覧会「NEW BOX 2017」を開催することになりました。

水回り、住宅建材、外回りなど、住宅に関する新商品のご提案となりますので、

今後のリフォームの参考に、ぜひ、会場にて、お確かめ頂ければと思います。

 

〇日時:平成29年6月14日(水)、15日(木)

    10時~17時

〇場所:夢メッセみやぎ

 

※一般の方の直接の入場は制限されておりますので、

弊社にお声がけください。

中古住宅/売主側の改修工事・検査

 

売り出し前リフォームの標準価格
売主の売りマンション美装リフォーム 50万円~
売主の売り戸建て美装リフォーム 70万円~

〇内容:

壁紙全面張替、スイッチプレート全面交換、クリーニング

〇サービスとして、不具合のチェック(不具合の点検、改修提案)をいたします。

・水回りの水漏れ点検、

・給湯器、コンロなど住設点検

・サッシ、建具の開閉点検

・瑕疵保証に適用するための概算工事費

〇オプション:カーペット、クッションフロア張替、和室内装(畳表替え、襖、障子張替)、家財処分

その他、リフォーム工事

 

これからは、中古物件の売買が活発になると言われています。

バブルの頃に建てた住宅が、築30年程度になり、

耐用年数が伸びた住宅が、どんどん流通されるようになる時期に来ているからです。

それに伴い、中古住宅の流通の活性化も図るため、様々な制度、仕組みが確立されつつあります。

今までの、「現況売りです」では、追い付かない時代になってきたのかと思います。

そこで、売り出す前の売主による改修工事、リフォームなども、行われつつあります。

売主が検討する部分は、大きく3つ

①中古住宅瑕疵保険適用可能か

②見栄えで、売りずらい、損することはないか

③設備関係の不具合は無いか

 

これらに対応できるような内容になっています。

①に関しては、瑕疵保険の簡易検査を行います。

これにより、簡易な補修で保険の審査合格可能かどうかの判断が出来ればと思います。

②は、目視で明らかな、内装部分の張替、クリーニングなど、最低限のリフォームになっています。

③に関しては、不具合があれば、報告もしくは、改修依頼があれば、今回の工事の中で、追加工事として施工可能です。

 

必要最低限のリフォームで、安心して、流通に出せるような物件にするための、検査、リフォーム工事になっています。

 

ぜひ、中古物件の売り出しの際は、

お声がけいただければと思います。

 

 

 

トータルリフォームに特化したサイトを作りました。

弊社のサイトですが、

このたび、トータルリフォームに特化したサイトを、

新たに作りました。

 

トータル/デザインリフォーム

http://www.housing-a.biz/contents/category/design-reform/

 

トータルリフォームとは、

全体的に、生活スタイルを考慮して、トータルで考えてリフォームすることです。

キッチンリフォーム、ユニットバスリフォーム、外壁塗装などといった単体のリフォーム工事とは、区別して考えました。

単体のリフォームであれば、単純に、

お客様がリフォームしたいと思えば、するだけです。

一方、トータルリフォームとは、水回り一式とか、老朽化が心配だけど、あと10年住みたいとか、

増築も視野に入れて考えたいなど、

家を全体的に考えて、生活スタイルを考えて、リフォームすることです。

これには、全体的な建築の専門知識も必要ですので、

弊社のような設計事務所をご活用ください。

 

まず、お客様のご要望は、漠然としていることも多いので、そこの整理から。

そして、予算も限られていますので、

予算の範囲で、優先順位をつけてのご提案もする必要があります。

また、工事的にも、

・費用対効果が高い工事

・ついでにやってしまった方が効率のいい工事

などは、こちらからご提案することになります。

 

単体のリフォーム工事でしたら、工事経験のあるリフォーム業者でも可能ですので、

安い方、話が早い方がいいとかで選べばよいかと思います。

でも、トータルリフォームは、お客様の家族構成から、生活スタイルを加味して、

提案力、説明力が問われますので、

弊社のような、設計事務所の方が適しているかと思います。

 

あれもしたいこれもしたい、でも、我が家の場合は、ちょっと違う、、、

と、お思いの方は、ぜひ、ご覧ください。

中古住宅売買時に特化したサイトを新設しました

弊社のサイトですが、

このたび、中古住宅、中古マンション購入時のリフォームに特化したサイトを、

新たに作りました。

 

 

中古住宅・マンション購入リフォーム

http://www.housing-a.biz/contents/category/mansion-reform/

 

中古住宅購入時のリフォームは、普通の今お住まいの住宅をリフォームするのとは違います。

・そもそも住んだことのない家なので、わからないことが多い

・中古住宅購入価格が適正かどうかも、どれだけリフォームする必要があるかに依ったりもする

 

だからです。

 

自分が住んでいる家だったら、誰よりも詳しく、その家をわかっているので、

どこを直したいか、どこが不具合があるか、自分でリフォーム会社に説明することが出来ます。

一方、中古住宅購入時は、

見た目的な部分は、主観で、ご自身で判断できますが、

設備の不具合や、外部のメンテナンス状況などは、初見でなかなか判断できません。

 

それと、

中古住宅の購入価格の妥当性も、判断する必要があります。

例えば、

1500万円の中古住宅でも、リフォーム費用に500万円以上、かかってしまえば、予算オーバーとか、

1800万円の中古住宅でも、リフォーム費用で200万円で収めることが出来れば、購入可能とか。

また、

中古価格で1500万円の家でも、ご希望の住宅のリフォームに1000万円かかっていたら、

3000万円かかっても新築の方がいいと言う判断もあるかと思います。

 

その他、中古住宅の場合は、瑕疵保証、売主との責任範囲の問題など、

普通のリフォームとは違う側面があるかと思います。

 

普通のリフォームとは工事することは一緒だとしても、

そもそもの考え方が違う、

「中古住宅/マンションリフォーム」

これに特化したサイトですので、

中古住宅を購入予定でリフォームも必要だろうとご心配の方は、

是非、ご覧ください。

 

ページ上部へ